ホーム > 施工事例 > 高低差を生かしたナチュラルエクステリア

高低差を生かしたナチュラルエクステリア

高低差が大きい土地の良さを生かしたエクステリアをおつくりしました。
高低差を解消するためにコンクリートブロックではなく自然の石を積み上げました。左手奥に見えるのはウッドデッキです。
枕木を門柱に仕立て、表札とインターホンを絶妙なバランスでレイアウトしています。こだわりの表札をお客様のご厚意で公開いたします。
ウッドデッキ前のなだらかな斜面には、ところどころに枕木を配置して土留めとしています。そこに鮮やかな色彩のハーブ類を中心に植栽し、印象的な空間をつくりだしています。
構成する素材の色合いを全て計算してデザインしています。
階段を昇ると、石の乱貼りのアプローチが続きます。心地よい曲線を描いていて、ナチュラルな雰囲気に調和します。
ウッドデッキは目隠しフェンスがありますが、程よい高さで明るい色調なため、開放的な空間になっています。フェンスは建物とではなく、道路面と平行なつくりになっています。そうすることでデッキとして使える面積が増え、外からは想像できないほど広々とした空間になっています。
ウッドデッキから犬走に続く道も、アプローチのナチュラルな雰囲気を保っています。

その他の施工事例

    ナチュラルエクステリア
    ナチュラルエクステリア
    ナチュラルエクステリア
    ナチュラルエクステリア
    雑木モダン
    ナチュラルテイスト

一覧にもどる

Page Top