工事をお考えの方

ホーム > 工事をお考えの方 > ご依頼の流れ

ご依頼の流れ

エクステリアのプラン、見積もりから施工、お引き渡しまでのフローです。
お客様のイメージを大切にプランいたします。

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームかお電話から承ります。
ご相談(無料)
本社や東京営業所でのご相談の他、ご自宅でのご相談も承っております。
どのような暮らしが理想ですか?
ペットが自由に走りまわれるように…木漏れ日のなか、読書がしたい…夜、ライトアップされた空間でくつろぎたい…さまざまな、生活シーンが浮かびます。
経験豊かなスタッフがお待ちしています。どんなことでも、お気軽にご相談ください。
敷地調査
担当コーディネーターがお客様のご希望のイメージをお伺いすると同時に現場調査もさせていただきます。
敷地・建物の図面や写真などをご用意いただけると、より詳しいご提案が可能です。
現場調査では、敷地の広さ・既存障害物の確認・道路付け・日の当り方・隣地状況など、細かくチェックします。また、リフォーム工事では、既存物について撤去・利用などの工事内容の確認も致します。
現地でご希望をお話し下さい。
図面・見積作成
お打合せをもとに、プランニング図面とお見積りを作成します。デザイナーが、プロとしてのこだわりを持ってお客様のイメージを形にしていきます。
ご提案と修正
プランニング図面とお見積りをご提案します。イメージ・ご予算が合わない場合は、再度ご提案致します。
ご注文・ご契約
設計・お見積りに、十分ご納得いただいた上でご契約となります。
施工
最終仕様・図面が決定後、資材手配・施工スタッフとの打合せをします。また、着工前に工事スケジュールをお客様と打合せ、近隣ご挨拶を致します。
実際の工事にあたっても万全を期し、初期検査・中間検査・最終検査と3段階の社内チェックシステムを確立しています。
また、施工についてのお問い合わせをいただいた場合は、直ちにお伺いしてお客様のご質問にお答えいたします。
お引渡し
施工後、担当コーディネーターが図面・イメージ通りに仕上がっているか、品質に瑕疵がないか、チェックを行います。その後、お客様立会いのもと検査・確認後、お引渡しとなります。
お客様の新生活の始まりです。
アフターサービス
安心してご用命いただけるよう、アフターサービスには特に力を注いでいます。
エクステリアは建物と同じように10年、20年のロングランでとらえたい、いわば戸外の生活空間。それだけにお手入れについては、そのコツと手順をお客様にお伝えすることも私どもの重要な仕事のひとつと考えます。
セカンドステージもフジホームと共に歩みましょう。

「エクステリア」と「建物」は同時に計画することが大切です。

エクステリアのプランニングでいちばん大切なのは、建物と同時に計画することです。住まいというものをトータルに考えたとき、建物とエクステリアが一体となってはじめて快適な生活空間ができあがるのです。

「建物のプランニングで頭がいっぱいだから、エクステリアはあとで考えたい」とおっしゃる方がいます。しかし、エクステリアは建物との関わりあいがとても多いのです。スペース、設備、機能などはもちろんのこと、建物の外観デザインやカラーとエクステリアのコーディネーションもまた欠かせません。

たとえば、庭や門、アプローチ、カースペースや物置、物干し場、さらにはテラスや花壇、これらのスペースは建物の配置計画を決めるときには、きちんと確保しておかなければなりません。デッキを作ろうと思ったが、つくると庭のスペースがなくなってしまう、カースペースを当初考えていた側では狭い、というようなことの起こらないようにしたいものです。

また、設備の配管計画などとエクステリアは想像以上に関わりが深いのです。排水桝や配管で植木が植えられなく
なったり、理想的なアプローチがとれなくなったり、塀や門が建てられなくなるケースは少なくありません。
あとから設備工事をやり直さなければならなくなったら、面倒なだけでなく無駄な出費となります。
そのようなトラブルを招かないために、そして建物とひとつになった美しく機能的なエクステリアをつくるために、建物と同時に計画しましょう。

新築、建て替え、エクステリアのリニューアルなどをお考えでしたら、
まずフジホームにご相談ください。ご満足のいただけるエクステリアプランをご一緒に考え、ご提案いたします。

「エクステリア」と「建物」は同時に計画することが大切です。

エクステリアのプランニングでいちばん大切なのは、建物と同時に計画することです。住まいというものをトータルに考えたとき、建物とエクステリアが一体となってはじめて快適な生活空間ができあがるのです。

「建物のプランニングで頭がいっぱいだから、エクステリアはあとで考えたい」とおっしゃる方がいます。しかし、エクステリアは建物との関わりあいがとても多いのです。スペース、設備、機能などはもちろんのこと、建物の外観デザインやカラーとエクステリアのコーディネーションもまた欠かせません。

たとえば、庭や門、アプローチ、カースペースや物置、物干し場、さらにはテラスや花壇、これらのスペースは建物の配置計画を決めるときには、きちんと確保しておかなければなりません。デッキを作ろうと思ったが、つくると庭のスペースがなくなってしまう、カースペースを当初考えていた側では狭い、というようなことの起こらないようにしたいものです。

また、設備の配管計画などとエクステリアは想像以上に関わりが深いのです。排水桝や配管で植木が植えられなくなったり、理想的なアプローチがとれなくなったり、塀や門が建てられなくなるケースは少なくありません。あとから設備工事をやり直さなければならなくなったら、面倒なだけでなく無駄な出費となります。

そのようなトラブルを招かないために、そして建物とひとつになった美しく機能的なエクステリアをつくるために、建物と同時に計画しましょう。新築、建て替え、エクステリアのリニューアルなどをお考えでしたら、まずフジホームにご相談ください。ご満足のいただけるエクステリアプランをご一緒に考え、ご提案いたします。

Page Top